コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合消費税 そうごうしょうひぜい

世界大百科事典内の総合消費税の言及

【消費税】より

…狭義に消費税というときには,間接消費税のみを指すことが一般的である。 直接消費税には,個別的直接消費税と総合消費税とがある。個別的消費税は個別の消費支出に課されるもので,1989年の消費税導入以前の制度では国税に通行税,入場税などがあり,おのおの乗客,入場者から運賃,入場料金とともに徴収され,地方税では道府県税として娯楽施設利用税,料理飲食等消費税,市町村税として電気税,ガス税,広告税などがある。…

【租税】より

…現代国家の政府収入は,大別すれば次の六つの源泉をもっている。(1)租税収入,(2)借入収入,(3)紙幣創造による収入,(4)財・用役の販売収入,(5)政府間の借款による収入,(6)その他(罰金等)。これらの収入源は,すべて同一のウェイトをもつものではない。近代国家はその本質上,〈租税国家〉であるといわれているように,資本主義国家の主要な収入源は,おしなべて租税である。
【定義と特性】
 租税とは,国家または地方公共体が一般経費の財源調達のために,個別的な反対給付なくして,民間経済から強制的に徴収する貨幣または財・用役をいう。…

※「総合消費税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

総合消費税の関連キーワードニコラス カルドア一般消費税人税・物税カルドア支出税消費税

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android