コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁先手水鉢 えんさきちょうずばち

大辞林 第三版の解説

えんさきちょうずばち【縁先手水鉢】

手水鉢の扱いの一形式。縁の外側に据え、立ったまま手水を扱わせるのが一般的。縁の下への水を防ぐ蟄石かがみいし、給水時に乗るための水揚げ石などの役石と組み合わせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の縁先手水鉢の言及

【手水鉢】より

…手水鉢の役割は,茶事に臨むに際し,神仏に詣でるのと同様に心身を清浄にするところにあり,《南方録》に〈露地にて亭主の初の所作に水を運び,客も初の所作に水をつかふ,これ露地・草庵の大本也,此露地に問ひ問ハるゝ人,たがひに世塵のけがれをすゝぐ為の手水鉢也〉と説かれている。種々の趣向がこらされ,庭に生けこんで鉢を低く据えたつくばい(蹲踞)や,縁先手水鉢とも呼ばれる丈の高い鉢前(はちまえ)形式の手水鉢が工夫された。水をためておく水穴は,浅い半球形のものが多く,楕円形,角形のものもある。…

※「縁先手水鉢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

縁先手水鉢の関連キーワード手水鉢縁の下鉢前

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android