コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罪人のおののき

1件 の用語解説(罪人のおののきの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

罪人のおののき

英国の作家ルース・レンデルのミステリー(1970)。原題《A Guilty Things Surprised》。「ウェクスフォードシリーズ

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

罪人のおののきの関連キーワード悪意の傷跡乙女の悲劇カーテンが降りて惨劇のヴェールシミソラ聖なる森薔薇の殺意マンダリンの囁き無慈悲な鴉指に傷のある女

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone