コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罪業妄想 ざいごうもうそう

大辞林 第三版の解説

ざいごうもうそう【罪業妄想】

自分の行為や内面的な心の動きに罪悪感をもち、自分自身を責める妄想。鬱病うつびようにおいて典型的にみられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の罪業妄想の言及

【罪責感】より

…鬱(うつ)病の病前性格であるメランコリー型,あるいは執着性格の特徴の一つである過敏な罪責感は,日独両国に顕著であるといわれる。罪責感には正常な範囲のものから,神経症レベルのもの,精神病(ことに鬱病)レベルのものがあり,後者では罪業妄想delusion of culpabilityの形をとることが多い。【飯田 真】。…

【妄想】より

…(2)誇大的内容のもの たとえば誇大妄想,血統妄想(高貴な出であると確信するもの),発明妄想(世紀の大発明を行ったなどと確信するもの)など。(3)卑下した内容 たとえば心気妄想(身体的異常を確信するもの),罪業妄想(自分が罪深いと確信するもの),微少妄想(財産,地位,健康などの過少を確信するもの)など。そのほか動物や神が憑(つ)いていると確信する憑依妄想がある。…

※「罪業妄想」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

罪業妄想の関連キーワード罪責感罪悪感

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android