置換え工法(読み)おきかえこうほう

世界大百科事典内の置換え工法の言及

【地盤改良】より

… 古くから行われてきた地盤改良の方法を列挙してみると次のようになる。(1)緩い地盤をローラーやたこ(土を突き固める道具)などで締め固める締固め工法,(2)緩い砂地盤に水をかけて締め固める水締め工法,(3)軟弱な粘性土地盤に砂れきなどを入れて土質の改良を図る物理的土質改良工法,(4)水分が多くて軟弱な状態の地盤に対して,水はけをよくする排水工法,(5)良質の土に入れかえる置換え工法,(6)石灰などを加えて地盤を化学的に改良する化学的土質安定工法,(7)雑木などを格子状に結束して地表面に敷いた上に盛土などをする表面処理工法,(8)杭を打って緩い砂地盤を締め固めたり,粘性土軟弱地盤に杭打ちをして支持力のある骨組みを地盤中に作る杭打ち工法。 近年,日本で新しい土地の利用を計画するときに,残されている土地は地盤を改良しないと目的を達しえないことが多い。…

※「置換え工法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android