羌族(読み)きょうぞく

世界大百科事典内の羌族の言及

【チャン族(羌族)】より

…このような勇敢な遊牧人の羌から周室を守って中原を防御しつつ成長したのが秦である。秦のたび重なる攻撃を受けた羌族は徐々に陝西の山地を西進し,黄河の最上流の〈河皇の地〉に移動したとみられている。漢代以後,これら牧民は〈西羌〉と呼ばれ,その分布地域は広く,湟中(青海省西寧の西方)を中心として南は蜀漢の辺外,すなわち青海,四川,雲南,北西は鄯善(ぜんぜん),車師(しやし)つまり今日の甘粛・新疆の地に及んでいる。…

※「羌族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android