コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羌族 きょうぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羌族
きょうぞく

チャン(羌)族」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の羌族の言及

【チャン族(羌族)】より

…このような勇敢な遊牧人の羌から周室を守って中原を防御しつつ成長したのが秦である。秦のたび重なる攻撃を受けた羌族は徐々に陝西の山地を西進し,黄河の最上流の〈河皇の地〉に移動したとみられている。漢代以後,これら牧民は〈西羌〉と呼ばれ,その分布地域は広く,湟中(青海省西寧の西方)を中心として南は蜀漢の辺外,すなわち青海,四川,雲南,北西は鄯善(ぜんぜん),車師(しやし)つまり今日の甘粛・新疆の地に及んでいる。…

※「羌族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羌族の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)ソンパン(松潘)湿原チャン族夏侯淵黄龍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android