コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胃発症(読み)いはつしょう

世界大百科事典内の胃発症の言及

【脊髄癆】より

…起立歩行の障害はとくに視覚による代償を除去したときに著しく,目を閉じては立っていることができずに倒れてしまう(ロンベルク徴候)。下肢,とくに足首,ひざなどに瞬間的な激しい電撃様疼痛や,上腹部に発作性の激痛(胃発症)などがみられる反面,腱や神経幹,睾丸などを強く圧迫したときに生ずる深部痛覚は失われる。関節の無痛性腫張や足底潰瘍などの変形,視神経萎縮,瞳孔異常,尿失禁,腱反射消失が認められることが多く,また髄液の梅毒反応は陽性である。…

※「胃発症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる