能登二見(読み)のとふたみ

世界大百科事典内の能登二見の言及

【珠洲岬】より

…いま岬付近に狼煙(のろし)町という小漁業集落がある。北部の海食崖および千畳敷と呼ばれる波食台,金剛崎の能登二見(ふたみ)の奇岩など海岸風景に富み,能登半島国定公園に指定されている。のと鉄道線珠洲駅から半島をめぐるバスが出ている。…

※「能登二見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる