コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臥竜梅 ガリョウバイ

デジタル大辞泉の解説

がりょう‐ばい〔グワリヨウ‐〕【×竜梅】

幹やが地をはい、そこからを生じる。花は薄い紅色。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がりょうばい【臥竜梅】

梅の一。幹が低く枝が地上をはった所に根を生じ、竜のふす姿を思わせるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の臥竜梅の言及

【ウメ(梅)】より

…材は粘りがあって硬く,細工物に利用される。 天然記念物のウメの多くは,幹が横倒れとなったものから再発根して,新しく幹枝を伸ばし大株に生育した臥竜梅(がりゆうばい)が多く,1株が梅林のように茂る。宮崎県の月知(げつち)梅,座論梅,山口県の余田(よた)臥竜梅,鹿児島県藤川天神の臥竜梅が国の天然記念物に指定され,樹齢も何百年という木が残っている。…

※「臥竜梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臥竜梅の関連情報