コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色絵古伊万里 いろえこいまり

世界大百科事典内の色絵古伊万里の言及

【有田焼】より

…1659年には東インド会社から5万7000余個の染付磁器の注文が届き,そのことで急速に輸出産業の体制に向かう。これは,アラビアのモカ向けのものであったが,のちには,ヨーロッパ向けにも大量に輸出され,色絵磁器がことに賞玩され,染付に赤・金彩を施した色絵古伊万里は,日本独特のやきものとして各地にひろまった。18世紀になると,ドイツのマイセン窯をはじめとするヨーロッパの諸窯で,柿右衛門や古伊万里様式の色絵を模したものがつくられ,中国でも盛んに模されてヨーロッパへ売り出されるようになる。…

※「色絵古伊万里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android