コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色金 いろがね

世界大百科事典内の色金の言及

【金属工芸】より

…黄色を呈しているところから黄銅とも呼ばれて珍重され,やがて日本でも作られるようになった。このほか,日本独特の色金(いろがね)として,黒紫色を呈する赤銅(しやくどう)(銅にわずかに金を加えたもの),紫色を呈する紫金銅(しきんどう)(赤銅より多めに金を加えたもの),黒味銅(くろみどう)(銅に白目(しろめ)を加えたもの),銀灰色を呈する朧銀(ろうぎん)(銅3に対し銀1で四分一(しぶいち)ともいい,少量の金を加える場合もある),青金(あおきん)(金に銀を加えたもの)などがある。銅および銅合金は緑青(ろくしよう)と呼ばれる青緑銹が生ずるので,防銹と美観をかねて表面に金鍍金(ときん)を施し,金銅(こんどう)製品とすることが多い。…

※「色金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

色金の関連キーワード多重債務問題と貸金業規制強化輝ソウ鉛鉱(輝蒼鉛鉱)愛知県長久手市岩作色金消費者問題の最新潮流グレーゾーン金利ブラック・メタル石黒政常(初代)新貸金業規制法ブーランジェ鉱太陽熱利用設備清水南山(2)タングステンクロム族元素長久手古戦場プロメチウムバレンチン鉱シジミチョウビクスビ鉱ルビジウム能美(市)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色金の関連情報