コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色順応 いろじゅんのう

世界大百科事典内の色順応の言及

【色彩調節】より

…(9)光と色とのかかわりあい 夕方,電灯をつけると初めのうちは黄色っぽく見えるが,しばらくすると黄色みを感じなくなって白く見えるようになる。このように目が光の色になれて白く見えるようになることを色順応という。ろうそくの炎や電灯のような赤みを帯びた光は暖かく感じ,蛍光灯や青空のように青みを帯びた光は冷たく感じられる。…

※「色順応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

色順応の関連キーワードフォン=クリースの係数則順応(視覚)色彩心理学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android