コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英雄悲劇 えいゆうひげき

世界大百科事典内の英雄悲劇の言及

【悲劇】より

…このことはフランス古典悲劇を模した17世紀後半のイギリスの王政復古期悲劇についてはいっそう顕著である。これは英雄悲劇とも呼ばれ,英雄的な主人公がおおむね愛と名誉との対立に悩んで,苦しい選択を迫られるというものである。この私的原理と公的原理との間の選択という基本状況はフランス古典悲劇にも認められるが,ここでは選択はもはや人間の意志にゆだねられており,超人的絶対者の意志は消えている。…

※「英雄悲劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

英雄悲劇の関連キーワードシング(John Millington Synge)王政復古期演劇シュピッテラーイギリス演劇大言壮語体ベタートンシェリダンシドンズ山田長政オレリー英雄文学長与善郎キノーリー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android