コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英雄時代論 えいゆうじだいろん

世界大百科事典内の英雄時代論の言及

【英雄時代】より

…この場合,英雄とはホメロスの叙事詩の中で活動する王たちとそのまわりの戦士たちにほかならなかった。18世紀のイタリアのビーコ,19世紀のドイツのヘーゲルなどの英雄時代論も,ホメロスの英雄たちの活動する社会とその非日常的世界とを,歴史上実在した時代と仮定することによって設定された時代であった。それだけでなく,イギリスのチャドウィックH.M.Chadwickの《英雄時代》(1912)およびそれ以後の歴史家による英雄時代論は,英雄時代の特徴をホメロスの叙事詩からひき出し,それを理念型として,シュメールやイスラエルやインドやゲルマンや日本の国家形成前夜の状態をそれに対比しうるものとみなすという点で共通していた。…

※「英雄時代論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

英雄時代論の関連キーワード高木 市之助高木市之助英雄時代

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android