コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒南風 あらはえ

とっさの日本語便利帳の解説

荒南風

南風(はえ)ということばは主に西日本で使われる方言だが、詩歌に詠まれるので全国版になりつつある。南風にも種類があり、梅雨入りの頃に吹くのが黒南風。梅雨半ばのそれは荒南風。梅雨が明ける頃に吹くのが白南風。南風は夏の季語なので、荒南風もこれに入れてよいであろう。
白南風や買物籠を男が提げ\秋間樵二郎
梅雨どきの南風は天が暗くなり、梅雨明け後の南風は天が明るくなるので、黒、白の名がついている。この風を青嵐で詠む人もある。
青あらし濠わたる蛇を吹き戻す\水原秋桜子

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典内の荒南風の言及

【風】より

… 南風(はえ)山陰,西九州地方でよく用いられる南風の呼名。梅雨の初めの黒い雨雲の下を吹く〈黒南風(くろはえ)〉,梅雨の最盛期の強い南風の〈荒南風(あらはえ)〉,梅雨明け後に吹く〈白南風(しらはえ∥しろはえ)〉などといわれる。 早手(はやて)疾風とも書き,〈疾風(しつぷう)〉〈陣風(じんぷう)〉ともいう。…

※「荒南風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒南風の関連キーワード南風(はえ)季節の風

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒南風の関連情報