荒熟し/粗熟し(読み)アラゴナシ

デジタル大辞泉の解説

あら‐ごなし【荒熟し/粗熟し】

[名](スル)
細かい粉にする前に、まず粗めに砕くこと。
本格的に取りかかる前に、おおまかに処理しておくこと。「審議前に問題点を―しておく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android