コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葦仮庵 あしのかりほ

世界大百科事典内の葦仮庵の言及

【斎藤彦麿】より

…のち通称彦六郎,字は可怜(うまし)。葦仮庵(あしのかりほ),宮川舎と号す。生国は三河であるが,石見浜田藩士として江戸に住した。…

※「葦仮庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葦仮庵の関連キーワード斎藤彦麿