コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薄貝法 うすがいほう

世界大百科事典内の薄貝法の言及

【漆工芸】より

…日本にも早くから舶載され,広島の浄土寺光明坊,福岡の誓願寺などに伝世している。この時期の螺鈿は唐代のような夜光貝などを用いた厚貝の手法とはちがい,アワビなどの貝を薄く切りすかし,その貝片を器面に置いて,その上に漆を塗りかけ,貝片上の漆を剝ぎ起こしなどして文様をあらわした,いわゆる薄貝法によるものである。この技法は元代に急速に発達し,江西省の吉安府を中心として精力的に製作された。…

※「薄貝法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

薄貝法の関連キーワード杣田細工

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android