薔薇露(読み)ばらのつゆ

世界大百科事典内の薔薇露の言及

【香水】より

…江戸時代の初期,すでに創傷洗浄用の焼酎や唐船による輸入酒がランビキ(alambique,蒸留器)によって製造される技術が知られていた。1763年(宝暦13)刊平賀源内の《物類品隲(ぶつるいひんしつ)》にはランビキを使って薔薇露(ばらのつゆ)をつくる方法と用途を教えている。1813年(文化10)刊の女性のための教養書《都風俗化粧伝(みやこふうぞくけわいでん)》になると,ランビキを使っての〈花の露の取りよう〉と,ランビキのないときにはやかんと茶わんを使ってつくる方法を教えている。…

※「薔薇露」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android