薬師如来立像(読み)やくしにょらいりつぞう

世界大百科事典内の薬師如来立像の言及

【平安時代美術】より


[一木彫像の誕生]
 この時代の冒頭を飾るものはいわゆる一木彫像(一木造)のいくつかの名作である。神護寺の本尊薬師如来立像と新薬師寺の本尊薬師如来座像にみる圧倒的な量感の表出と,前者のすさまじいばかりのきびしい表情や後者の大づくりな目鼻だちの明快さ,そして深く鋭い衣文の彫法など,それは前代までの彫像にはみられなかった表現で,新しい様式の誕生を感じさせる。前者が神護寺の前身である神願寺(河内国)の本尊であったとすれば,いずれもまだ奈良旧仏教の下で製作されたもので,8世紀までの作品と考えられる。…

※「薬師如来立像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬師如来立像の関連情報