コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇笏 だこつ

世界大百科事典内の蛇笏の言及

【飯田蛇笏】より

…俳人。山梨県生れ。本名武治。別号山廬。名字帯刀を許された旧家の長男に生まれたが,文学を志し早稲田大学英文科に入学,早稲田吟社に参加し句作に努めた。1908年,高浜虚子の俳句道場〈俳諧散心〉に最年少者として参加したが,虚子の俳壇引退で俳句への情熱をそがれ,翌年学業を捨てて帰郷,家業を継いだ。14年,虚子の俳壇復帰を知って俳句への情熱を再燃させ,村上鬼城,渡辺水巴,原石鼎,前田普羅らとともに《ホトトギス》の主観高揚期の代表俳人となった。…

※「蛇笏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蛇笏の関連キーワード星の契り霜降り月謝肉祭潮干潟黒南風菊人形社会鍋鶏合せ神農祭春めく山廬忌凍て空菖蒲酒雪見酒椿花集山廬集蛇笏忌雲母歳旦寒卵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛇笏の関連情報