コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜻蛉長者 だんぶりちょうじゃ

1件 の用語解説(蜻蛉長者の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

だんぶりちょうじゃ【蜻蛉長者】

昔話の一。夢に現れたトンボ・ハチなどの昆虫に導かれて、酒や黄金の在処ありかを知り、長者になるという型の話。東北地方に伝わる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の蜻蛉長者の言及

【トンボ(蜻蛉)】より

…トンボ目Odonataに属する昆虫の総称。古名アキヅ,アキツ,アケズ,ダンブリなど。広く世界各地に分布し,約6000種類くらいが命名されている。熱帯地方に種類が多いが日本列島には200種が見られ,その中には系統学上興味の深い種類が含まれている。
[分類,進化と系統]
 トンボ目は体の構造,とくに翅や腹部の違いによって3亜目に分けられる。均翅類は前・後翅がともにほぼ同じ形,同じ脈相を示す。イトトンボモノサシトンボカワトンボハナダカトンボなどの各科が含まれる。…

※「蜻蛉長者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone