コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

血漿分画製剤 けっしょうぶんかくせいざい

大辞林 第三版の解説

けっしょうぶんかくせいざい【血漿分画製剤】

ヒト血液を原料として、その血漿から各種タンパクを抽出した製剤。アルブミン・グロブリン・血液凝固因子製剤の三種がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の血漿分画製剤の言及

【血漿製剤】より

…抗凝固剤を用いて採血した全血は,低温遠心操作で赤血球,白血球,血小板などの血球成分と血漿成分に分離するか連続成分分離装置で採取することができる。血漿製剤には,このようにして分離した血漿成分製剤plasma componentと,これをさらに冷エタノール分画法など複雑な化学的操作を経て得られる血漿分画製剤plasma derivativeがある。 血漿成分製剤には,液状血漿,新鮮凍結血漿およびクリオプレシピテートcryoprecipitateがある。…

【輸血】より

…また不時の出血によるショック症状に対する応急処置にも用いられる。なお,血漿にはいろいろなタンパク質が含まれており,物理化学的操作を用いて精製したものが血漿分画製剤と呼ばれるもので,アルブミンや免疫グロブリンがある。アルブミンは血漿膠質浸透圧の是正など,やけどやショックなどの際に使われ,免疫グロブリンはある種の感染症の予防のためや,免疫性の低下した場合などに使われる。…

※「血漿分画製剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

血漿分画製剤の関連キーワード血液凝固因子製剤富士レビオ血漿製剤血液製剤日本製薬血漿輸血三種原料

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

血漿分画製剤の関連情報