コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣服令(読み)いふくれい

世界大百科事典内の衣服令の言及

【朝服】より

…中国ばかりでなく東アジアの諸王朝はほとんどこの制度を採り入れた。【杉本 正年】 日本では701年(大宝1)の大宝律令の衣服令で,礼服(らいふく),制服と並んで規定された。唐の制度にならったもので,有位官人層の〈朝庭公事〉(朝廷の儀式行事や日常の勤務)の際に着用すべきものとして定められた。…

【服制】より

…(3)大宝・養老令の服制 701年(大宝1)制定の新位階にともなう服色は,持統朝改定のそれを継承したものであった。同年制定の大宝令,718年(養老2)ころ制定の養老令における服制はその衣服令に見られる。それによれば王臣の服制は礼服(らいふく)・朝服(ちようふく)・制服(せいふく)に三大別される。…

【黄】より

… ところが,政治や宗教の視点から検討していくと,古代人,とくに古代知識階級が,黄(きいろ)という色名を持たずにいたなどとは帰結しがたい。律令(りつりよう)の衣服令(えぶくりよう)第十九をみると,礼服(らいぶく)・朝服(ちようぶく)など帝王貴族の服装服飾を規定した色彩に黄(きいろ)はないが,制服(せいぶく)すなわち無位の者が朝廷の公事(くじ)にさいして着用する服には黄色を用いよとの特別規定を行った条文に出会う。〈制服 無位は,皆皀(くり)の縵の頭巾。…

※「衣服令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android