コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袁文濤 えんぶんとう

世界大百科事典内の袁文濤の言及

【袁江】より

…中国,清代の画家。生没年不詳。字は文濤。江蘇省江都の人。17世紀末から18世紀初めにかけ,揚州を中心に塩商の庇護を受けて活躍し,主に装飾的な楼閣山水の大画面を制作した。袁雪,袁耀とともに袁派と呼ばれ,他に画風のよく似た李寅がいたが,互いの関係は不詳である。1724年(雍正2)ころ,北京に赴き,さらに山西の塩商の招きで太原に移ったという。代表作に,塩商喬国楨の庭園を写した《東園図巻》(上海博物館)がある。…

※「袁文濤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android