被爆者特別措置法(読み)ひばくしゃとくべつそちほう

世界大百科事典内の被爆者特別措置法の言及

【原爆被爆者】より

…その結果,60年には〈原爆医療法〉の改正が行われたので,以後日本被団協は〈国家補償にもとづく援護法〉要求運動を推進している。68年には〈原子爆弾被爆者に対する特別措置に関する法律〉(被爆者特別措置法)が制定され,特別手当,健康管理手当,介護手当,医療手当が支給されることになり,その後も各手当の増額や葬祭料,保健手当,家族介護手当の新設など諸給付の拡充が行われている。しかし,遺族年金など原爆被害者が当初から要求していた国家補償がまだ実現していない。…

※「被爆者特別措置法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android