コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏切りへの道

1件 の用語解説(裏切りへの道の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

裏切りへの道

英国の作家エリック・アンブラーのスパイ小説(1938)。原題《Cause for Alarm》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裏切りへの道の関連キーワード叛乱あるスパイへの墓碑銘汚辱と怒り恐怖の背景恐怖への旅暗い国境シルマー家の遺産デルチェフ裁判武器の道夜来たる者

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone