コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐釉 かつゆう

世界大百科事典内の褐釉の言及

【緑釉】より

…中国では,戦国時代に鉛釉は始まり,漢代に普及する。それには緑釉のほかに,鉄を呈色剤とした褐釉(黄釉)がある。朝鮮半島では,褐釉(黄釉)が高句麗にあり,緑釉は百済,つづいて統一新羅に多い。…

※「褐釉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

褐釉の関連キーワード大友氏遺跡河井寛次郎脇本城跡東勝寺跡賀集珉平志戸呂焼尾戸焼鴻臚館唐三彩磁州窯瀬戸焼薩摩焼唐津焼伊賀焼信楽焼呂宋壺長次郎長沙窯宋胡録遼三彩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

褐釉の関連情報