コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襲下着 かさねしたぎ

世界大百科事典内の襲下着の言及

【下着】より

…下着の表着(うわぎ)化はかつて下に着ていたシュミーズが表着のシャツやブラウスとなったように,今日でも服装のカジュアル化に伴って,Tシャツのようにかつて肌着であったものが表着としてファッションにもとり入れられるようになっている。【池田 孝江】
[和装の下着]
 広義には肌着,間着(あいぎ)のほか襲(かさね)下着がある。間着は上衣と肌着の中間に着るものの総称でもあるが,江戸時代に武家の女性が打掛の下に着た小袖を指し,今日では花嫁衣装にそのなごりをとどめ,掛下(かけした)と呼ばれる。…

※「襲下着」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

襲下着の関連キーワード下着胴抜

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android