コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西ゴート人 にしごーとじん

世界大百科事典内の西ゴート人の言及

【イベリア半島】より

…イベリアのローマ化は皇帝トラヤヌスや哲人セネカその他を輩出させたほど深かった(図1)。 ローマが衰えると,ゲルマンの一派西ゴート人が6世紀初めに半島の支配権を握った。このときキリスト教会は文化,宗教,法律を異にする西ゴート人と従来からの半島住民とを仲介,両者の融合を図った。…

【ゴート語】より

…インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派のうち東ゲルマン語に属し,現在は死語となっている。ゴート語の話し手であるゴート人は,1世紀の初めころまでに,南スウェーデンからバルト海をはさむ対岸のビスワ河口地帯に移住し,さらに東ゴート,西ゴートに分かれて南下し,2世紀の中ごろには黒海沿岸に到達したが,ゴート人のこのような早い時期におけるギリシア文化圏との接触により,4世紀の中ごろには西ゴートの司教ウルフィラによって聖書がギリシア語からゴート語に翻訳された。…

※「西ゴート人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone