コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西中国山地

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

西中国山地

桑原良敏著。西中国山地国定公園とその周辺で、おおむね標高千メートル以上、ブナのある山を取り上げている。三段峡など登山客でにぎわう山もあれば、登山道がない山もある。植物や生物の生態系まで書かれ、著者は「博物誌」と紹介しているが、尾根や谷の詳細な図があるため登山愛好家にも重宝されている。渓水社(広島市)が1982年発行。同社によると、一度在庫がなくなったが、要望が多く97年に復刊版を出すも、絶版

(2011-10-19 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内の西中国山地の言及

【冠山】より

…冠山より北東50kmの阿佐山(1218m)までを冠山山地と呼び,恐羅漢(おそらかん)山(1346m),十方山(1319m)など山頂に小起伏面を残す山々からなり,山間の柴木川最上流部に年間降水量2500~2800mmをもつ八幡盆地をはさむ。広島・岡山両県北部に連なる東中国山地に対し,この山地を西中国山地とも呼び,また芸北山地の名もある。ほかにも広島県西部には山頂のなだらかな冠山という名の山が多い。…

【中国山地】より

…中国山地は山陰地方山陽地方の分水界をなすが,江の川のみは山陽側にも広い流域をもちながら,中国山地を横断して日本海に注ぐ。この横断部分より東側を東中国山地,西側を西中国山地(冠山(かんむりやま)山地)と呼ぶ。 東中国山地はほぼ東西に走るが,細かくみると吉井川,旭川,高梁(たかはし)川などの上流によっていくつかの山塊に分断されている。…

※「西中国山地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西中国山地の関連キーワード島根県益田市匹見町匹見羅漢山県立自然公園冠山〈中国山地〉芸北〈町〉匹見[町]金城[町]恐羅漢山長門山地周防山地中国山地八幡高原旭[町]冠山山地羅漢山深入山可愛川六日市戸河内匹見峡阿佐山

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西中国山地の関連情報