西川吉之助(読み)にしかわきちのすけ

世界大百科事典内の西川吉之助の言及

【口話法】より

… 日本の聾教育は手話法で始まったが,1924年の盲学校及聾啞学校令実施のころから,しだいに口話法に転換した。これには,西川吉之助(1874‐1925)による娘浜子への教育の成功,米国式口話法による日本聾話学校の開設(1920),名古屋市立盲啞学校の実践,欧米の口話法普及の啓蒙活動,手話法の行きづまりなどが影響を与えた。〈啞でも話せます〉がキャッチフレーズとなり,25年には日本聾口話普及会も設立され,口話法の組織的普及事業(雑誌,図書,教科書の刊行,研究会,講演会,講習会の開催など)が活発化した。…

※「西川吉之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android