西村芳藤(読み)にしむらよしふじ

世界大百科事典内の西村芳藤の言及

【おもちゃ絵】より

…おもちゃ絵の内容は種々さまざまだが,あえて大別すると,(1)そのまま,あるいは少し手を加えて,遊具として使うもの(絵双六,かるた絵など),(2)切って遊ぶもの(姉様絵,写絵,簡単な立版古など),(3)ながめて楽しむもの(ものづくし,判じ絵など),(4)知識や教養を得るためのもの(ものづくし,単語図解,教訓絵など)に分けることができよう。おもちゃ絵を手がけた絵師は北斎,広重,国芳,2代広重(重宣),英泉,芳虎,国盛など多彩だが,国芳門下の西村芳藤(1828‐87)が最も知られている。【八木田 宜子】。…

※「西村芳藤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android