西村芳藤(読み)にしむらよしふじ

世界大百科事典内の西村芳藤の言及

【おもちゃ絵】より

…おもちゃ絵の内容は種々さまざまだが,あえて大別すると,(1)そのまま,あるいは少し手を加えて,遊具として使うもの(絵双六,かるた絵など),(2)切って遊ぶもの(姉様絵,写絵,簡単な立版古など),(3)ながめて楽しむもの(ものづくし,判じ絵など),(4)知識や教養を得るためのもの(ものづくし,単語図解,教訓絵など)に分けることができよう。おもちゃ絵を手がけた絵師は北斎,広重,国芳,2代広重(重宣),英泉,芳虎,国盛など多彩だが,国芳門下の西村芳藤(1828‐87)が最も知られている。【八木田 宜子】。…

※「西村芳藤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android