要塞地帯法(読み)ようさいちたいほう

世界大百科事典内の要塞地帯法の言及

【要塞】より

…終戦時の要塞は,東京湾・由良,豊予,下関,長崎,壱岐,対馬,舞鶴,津軽,宗谷,北千島(幌筵(ほろむしろ)),海外植民地では台湾の基隆,高雄,朝鮮の鎮海,永興湾,羅津,中国の旅順などであった。これらの要塞は,〈要塞地帯法〉に基づき,要塞を中心に一定距離内を要塞地帯と指定され,この地域(第1区から第3区までに区別)においては,立入り,撮影,模写,測量,築造物の変更,地形の改造,樹木の伐採などが禁止もしくは制限され,罰則をもうけて厳重に保護された。【栂 博】。…

※「要塞地帯法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

要塞地帯法の関連情報