角合せ(読み)つのあわせ

世界大百科事典内の角合せの言及

【闘牛】より

…鮮やかな手腕で牛を倒したときは莫大な賞金と,殺した牛の耳としっぽが記念として与えられる。 日本の闘牛は雄牛どうしの闘争で,1178年(治承2)に後白河院で〈角合せ〉があったと記され,12~13世紀の作とされる高山寺蔵の《鳥獣戯画》に闘牛が描かれているので,かなり古くから行われていたと推定される。江戸時代に橘南谿の随筆《西遊記》や滝沢馬琴の小説《南総里見八犬伝》,天保年間刊の小寺応斎の紀行文《伊豆日記》などに闘牛の記述があるので,鹿児島,新潟,八丈島で行われていたことがわかる。…

※「角合せ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android