角膜輪部(読み)かくまくりんぶ

世界大百科事典内の角膜輪部の言及

【角膜】より

…角膜は透明であるため,外から見るとその奥にある虹彩irisが見え,中央が瞳孔となっている。角膜は周辺部では不透明となり強膜に続く(強膜への移行部を角膜輪部という)。強膜の曲率は角膜よりゆるく,眼球を輪切りにすれば,強膜の大きな円の一部に角膜が突出した形となる。…

【強膜】より

…このため,腱を介して付着する6本の外眼筋の作用によって,眼球は滑らかに各方向に回転することができる。強膜の後方では,視神経と網膜中心動静脈が,内側強膜からなる篩状板lamina cribrosaを貫き,脈絡膜への短毛様動脈が視神経の周囲で,また前方では,長毛様動脈が角膜輪部(強膜が角膜へ移行する部分)近くで強膜を貫く。ぶどう膜からの静脈(渦静脈)も赤道部付近を貫く。…

※「角膜輪部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android