コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解放法 かいほうほう

世界大百科事典内の解放法の言及

【イギリス】より

… 19世紀に入ると各方面で改革が進行する。名誉革命後も審査法によって公職や大学への道を閉ざされてきたカトリック教徒は,1829年の解放法で市民的諸権利を回復し,16世紀以来非合法とされてきたカトリック教会の再建が可能となった。国教会内でもオックスフォード運動の結果,教会の自主性回復と自己革新への努力が進められ,教会生活に生気が取り戻された。…

※「解放法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

解放法の関連キーワードウェリントン(Arthur Wellesley 1st Duke of Wellington)アングリカン・チャーチカトリック教徒解放法アイルランド自治問題アイルランド(島)ウェリントン(公)ウィルバーフォースイギリス史(年表)アイルランド合同アイルランド問題ジョージ[4世]カトリック協会ジョージ4世オーコンネルウェリントン反奴隷制協会アディントンオコンネルラッセルオコネル

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android