コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解核 かいかく

世界大百科事典内の解核の言及

【積分方程式】より

…このとき,の右辺が一様収束すれば,(1)の解は,で与えられる。このようなR(x,y)をK(x,y)の解核という。方程式(2)の場合は,(3)の積分区間(a,b)を(y,x)として反復核を定義すれば,(4)の右辺は一様収束して解核R(x,y)が得られ,(5)の積分区間(a,b)を(a,x)とした式により(2)の解が得られる。…

※「解核」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報