コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

許負 きょふ

世界大百科事典内の許負の言及

【人相学】より

…このため漢の宮廷は観相士を重用し,人相学は隆盛を極めて仙家と呼ばれた。前漢の許負,後漢の郭林宗,管輅(かんらく)などが有名で,とくに許負の《人倫識鑑》は目,鼻,口などの部分の相を確定した。また《三国志》魏書がその神技を伝える管輅には,少年顔超の夭逝を観相したばかりか,北斗星と南斗星にとりいって延命をはかる方策まで教えた話が《捜神記》にある。…

※「許負」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

許負の関連キーワード手相

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android