コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訴訟救助 そしょうきゅうじょ

大辞林 第三版の解説

そしょうきゅうじょ【訴訟救助】

民事訴訟において、勝訴の見込みがないとはいえない当事者が、資力が原因で訴訟を行えないことがないよう、裁判所が裁判費用の支払いを猶予する等の便宜を図ること。訴訟上の救助。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の訴訟救助の言及

【訴え】より

…訴え提起にあたっては,訴状への印紙貼用によって手数料を納めなければならない(民事訴訟費用等に関する法律3条)。ただし,一定の場合には手数料納付が猶予されることもある(訴訟救助。〈訴訟費用〉の項参照)。…

【訴訟費用】より

…裁判所が弁護士の付添いを命じた場合(民事訴訟法155条)を除き,弁護士への報酬は訴訟費用とはならない。 勝訴の見込みはあるが資力のない者は,訴訟救助の申立てをすることができ,救助の決定があれば,印紙貼用や予納の義務は猶予される(82~83条)。しかし現金の貸与を受けるわけではないから,自己負担である弁護士報酬の問題も含めて,訴訟による私人の権利の実効的な保護のためには,法律扶助制度の充実が必要である。…

※「訴訟救助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

訴訟救助の関連キーワード民事訴訟法律扶助裁判費用支払い見込み裁判所当事者資力救助勝訴

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android