豊島朝経(読み)としまともつね

世界大百科事典内の豊島朝経の言及

【豊島氏】より

…武蔵国豊島郡一帯を本拠とした中世武家。桓武平氏の一流秩父氏のうち豊島郡に進出した武常の一族が,武常の曾孫豊島権守清光の子の代に豊島・葛西両氏に分流。短期間ではあるが土佐国守護の地位にあり,1203年(建仁3)比叡山堂衆との戦闘で討死した朝経が豊島氏を称した。朝経の嫡男朝綱の子時光は,41年(仁治2)豊島荘犬喰名をばくちの賭物としたとがでこれを収公された。その後は鎌倉初期に紀伊国守護,同国三上荘地頭であった有経(朝綱の弟)の系統が発展し,石神井郷を拠点にその勢力を拡大,同族宮城氏から養子をとるなどして家系を維持しつつ,南北朝の動乱とそれに続く上杉禅秀の乱,永享の乱,享徳の乱を乗り切った。…

※「豊島朝経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android