コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貨幣国定説 かへいこくていせつ

世界大百科事典内の貨幣国定説の言及

【貨幣】より

…やがてはこの獣そのものではなく,この獣のなんらかのシンボルが宗教国家によって広く流通せしめられるようになる。(5)貨幣国定説 これはG.F.クナップが《貨幣国定説》(1905)において主張したもので,貨幣の歴史的起源に関する説ではなく,貨幣の本質をどこに求めるかを示唆する,いわば理論上の起源説である。上記の宗教起源説は暗に宗教国家の存在を前提していたが,当説は国家(必ずしも宗教国家ではない)の存在を前提する。…

※「貨幣国定説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貨幣国定説の関連キーワードベンディクセンクナップ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android