コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貸座敷渡世規則 かしざしきとせいきそく

世界大百科事典内の貸座敷渡世規則の言及

【遊郭(遊廓)】より

…中期以後,江戸幕府の売春対策の不徹底さも加わって私娼街が勢力を伸ばし(江戸では岡場所(おかばしよ)という),一方では遊郭がもっている格式主義とそれに伴う遊興費の高さなどの原因が重なって,遊郭はしだいに遊興場の主役の地位を失い始めていた。 明治維新後,娼妓解放令の翌年の1873年発令の〈貸座敷渡世規則〉により遊郭は貸座敷営業指定地となり,従来の公認遊郭のほか飯盛旅籠屋や私娼街などが続々と指定地の免許をうけて拡大移行した。1924年における全国の許可地は545ヵ所,業者は約1万1200軒,娼妓は約5万2200人に及んだ。…

※「貸座敷渡世規則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone