コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀茂役公 かものえのきみ

世界大百科事典内の賀茂役公の言及

【役行者】より

…《続日本紀》編纂当時,役小角の名は世間に知られていたようであるが,少しおくれて平安時代前期に書かれた《日本霊異記》には,まとまりのある役小角の説話が収められている。それによれば,役優婆塞(えのうばそく)(《日本霊異記》の編者は,呪術的な力を持つ半僧半俗の行者を優婆塞と呼んでいる)は,賀茂役公(えのきみ),のちの高賀茂朝臣の出で,大和国葛木上郡茅原村の人という。生まれながらに博学で,虚空を飛んで仙人と交わり,仙宮に行きたいと願った役優婆塞は,岩窟にこもって修行を積んだ結果,孔雀明王の呪術を修得し,鬼神を駆使できるようになった。…

※「賀茂役公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賀茂役公の関連キーワード一言主神

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android