コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃金闘争 ちんぎんとうそう

1件 の用語解説(賃金闘争の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ちんぎんとうそう【賃金闘争】

賃金の引き上げを目的に行う労働運動。賃上げ闘争。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の賃金闘争の言及

【春闘】より

…厳密には,総評,中立労連など春闘共闘委員会(1975年以降は国民春闘共闘会議)に参加する単産の賃上げ闘争を指している(同盟は春闘という用語を拒否して〈賃闘〉とよぶ)が,一般には,毎年春の時期に集中して行われる賃上げ闘争が全体として春闘とよばれる(なお総評は1989年に解散)。
[春闘の始まり]
 1950年に総評が結成されて以降,傘下の単産はそれぞれに賃上げの実現をめざして活動を行ったが,大きな成果をあげることができず,とくに53年,54年の時期にかけては賃金闘争はほとんど失敗に終わった。その理由の一つは朝鮮戦争後の不況という経済的条件にあったが,総評自体の活動方針上にも問題があった。…

※「賃金闘争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賃金闘争の関連情報