コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤ナシ あかなし

世界大百科事典内の赤ナシの言及

【ナシ(梨)】より

…江戸時代には各地で栽培が行われ,150以上の品種がつくられた。ニホンナシの品種は,果皮が果点間コルクの発達でさび褐色を呈する赤ナシと,それの発達がみられない緑色の青ナシに大別されるが,明治時代には赤ナシと青ナシの代表品種である長十郎と二十世紀が発見され,栽培技術の進展とそれらの普及によって栽培面積も増加した。第2次大戦の影響で面積は減少したが,現在では北海道の函館以南から九州の南部まで栽培が行われている。…

※「赤ナシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤ナシの関連キーワード長野県下伊那郡下條村大分県中津市茨城県下妻市当麻辰次郎広島(県)にっこりあきづき愛甘水長十郎晩三吉新甘泉新興愛宕ナシ観月稲城秋栄豊水王秋南水

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android