コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤堀菊 あかぼりきく

世界大百科事典内の赤堀菊の言及

【割烹着】より

…ジレのようにして横でひもを結んだり,教場では板の間に座って水仕事をするため,防寒も兼ねて着物と同じ丈にするなど,改良が加えられた。2代目の赤堀菊は当時次々に創立された女子大で教えた際にこれを紹介し,一般にも広まるようになった。1932年の大日本国防婦人会以来,各婦人会,団体で教練などで着用された。…

※「赤堀菊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android