コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤尾嶼 せきびしょ

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕赤尾嶼(せきびしょ)


沖縄県の尖閣(せんかく)諸島東部の無人島。石垣(いしがき)島の北北東約140kmの東シナ海に浮かぶ。面積0.05km2。石垣市に属する。火山島で溶岩におおわれ、東西に350m細長く延びる。沿岸には珊瑚礁(さんごしょう)が発達。現在はアメリカ軍の射爆場。大正(たいしょう)島・久米赤(くめあか)島ともいう。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の赤尾嶼の言及

【尖閣諸島】より

…石垣市に属する。魚釣(うおつり)島,黄尾嶼(こうびしょ)(久場(くば)島),赤尾嶼(せきびしょ)(大正島),北小島,南小島の無人島と,沖ノ北岩,沖ノ南岩,飛瀬(とびせ)などの若干の岩礁を含み,全島が火成岩からなる。1895年に沖縄県に編入され,1900年諸島の調査を行った沖縄師範教諭の黒岩恒(ひさし)(1858‐1930)によって尖閣と命名された。…

※「赤尾嶼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤尾嶼の関連キーワードアメリカ軍東シナ海久米赤島尖閣諸島大正島射爆場無人島北北東石垣市火山島珊瑚礁沿岸溶岩久米

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android