コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤尾嶼 せきびしょ

1件 の用語解説(赤尾嶼の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕赤尾嶼(せきびしょ)


沖縄県の尖閣(せんかく)諸島東部の無人島。石垣(いしがき)島の北北東約140kmの東シナ海に浮かぶ。面積0.05km2。石垣市に属する。火山島で溶岩におおわれ、東西に350m細長く延びる。沿岸には珊瑚礁(さんごしょう)が発達。現在はアメリカ軍の射爆場。大正(たいしょう)島・久米赤(くめあか)島ともいう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤尾嶼の言及

【尖閣諸島】より

…石垣市に属する。魚釣(うおつり)島,黄尾嶼(こうびしょ)(久場(くば)島),赤尾嶼(せきびしょ)(大正島),北小島,南小島の無人島と,沖ノ北岩,沖ノ南岩,飛瀬(とびせ)などの若干の岩礁を含み,全島が火成岩からなる。1895年に沖縄県に編入され,1900年諸島の調査を行った沖縄師範教諭の黒岩恒(ひさし)(1858‐1930)によって尖閣と命名された。…

※「赤尾嶼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤尾嶼の関連キーワード沖縄諸島尖閣諸島南西諸島宮古諸島琉球諸島沖縄石垣[市]宮古列島古賀辰四郎マダラヘビ(斑蛇)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤尾嶼の関連情報