赤核脊髄路(読み)せきかくせきずいろ

世界大百科事典内の赤核脊髄路の言及

【運動】より

…錐体外路は,錐体路が手などの熟練した随意運動を遂行できるように,姿勢および関連した筋活動を維持すると考えられる。大脳から脳幹の運動神経核を経て脊髄へ下行する経路には,おもなものとして赤核脊髄路,網様体脊髄路,前庭脊髄路がある。これらの経路は脊髄前角のαおよびγ運動ニューロンに興奮または抑制性の作用を及ぼす。…

【脊髄】より

…この錐体路の働きによって手や足を自分の意志によって動かすことができる。(2)赤核脊髄路,前庭脊髄路および網様体脊髄路 それぞれ,中脳の赤核,橋および延髄の前庭神経核,網様体から下行して,前角の運動細胞に直接的または間接的に接続する。これらは筋肉の張力や反射を不随意に調節している。…

【大脳基底核】より

…黒質黒色部については,その遠心性繊維は線条体に終わるが求心性繊維については定説がない。赤核には大細胞性と小細胞性とが区別され,前者からは赤核脊髄路が下行するのに対し,後者は主オリーブ核に遠心性繊維を送る。また,大細胞性赤核は大脳皮質運動野と小脳中位核から求心性繊維を受けるのに対して,小細胞性赤核の求心性繊維については不明なことが多い。…

【中脳】より


[赤核nucleus ruber]
 上丘の高さにある左右1対の大きな神経核で,大脳の運動野とか小脳核からの繊維を受ける。次いで赤核延髄路や赤核脊髄路を出して,不随意の運動の調節を行う。とくに赤核脊髄路は,随意運動を行う錐体路の働きを助けて,関節の屈曲を起こす屈筋に促進的に作用している。…

※「赤核脊髄路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android