コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤津 あかつ

世界大百科事典内の赤津の言及

【瀬戸焼】より

…1615年(元和1)その指導者古田織部の死を契機として美濃窯業は主役の座から離れ,幕藩体制下には灰釉,鉄釉,御深井(おふけ)釉を主とした大衆向けの日常雑器の生産地になった。1610年(慶長15)初代尾張藩主徳川義直は加藤唐三郎,仁兵衛を美濃の郷ノ木(土岐市)から赤津へ,新右衛門を水上(みずかみ)(瑞浪市)から品野へ召還して窯業の振興策をとった。また寛永年間(1624‐44),名古屋城内の御深井丸の北東にある瀬戸山に窯を築き,唐三郎らを招いて焼かせたのが御深井焼である。…

※「赤津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤津の関連キーワード福島県郡山市湖南町赤津加藤作助(2代)加藤太兵衛(1)加藤作助(初代)加藤五郎八加藤唐三郎加藤仁兵衛郡山(市)瀬戸(市)加藤景国加藤景長加藤春岱佐伯隆基加藤政連加藤政高加藤景久加藤定蔵酔乃郷愛知県赤津焼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤津の関連情報